更新遅れてしまいました。

楽しみにしてくださってた一部の方々、すいません。
そんなわけで今日は銀杏BOYZ!

 

ここまで海外のバンドばかり紹介してきましたが、「日本のバンドなら何が好き?」と聞かれたらまず間違いなく彼らの名前を言うでしょう。

今回は銀杏BOYZとの出会いについて書いていきたいと思います。

 

銀杏BOYZ、ベース安孫子真哉とチン中村の脱退を発表 | BARKS

 

銀杏BOYZとの最初の出会いはこれまた中学生の頃でした。

「中国で全裸になって捕まった日本のパンクバンドがいる!」と父に聞いたことが始まりでした。

「なんじゃそりゃ!バカなんか!」と思いつつ、面白いから調べて聞いてみたんです。

 

確か「SKOOL KILL」を聞いたんじゃなかったかな。

YouTubeで調べて聞いてはみたものの、当時はそこまで響かず、「ふーん」という程度でした。

なにせ、当時の僕はこれまでの記事にあるように“攻撃的”で、”反抗的”なバンドや曲を好んでいたので、「素敵なあの娘とダメな僕」という内容にあんまりピンとこなかったんです。

 

 

ところが、高校に入ってから。

ある女の子の友達ができました。

絵描くのが好きで、よくわからん軽く頭おかしい女の子でした。

 

そして高校1年生のある日、その子が銀杏BOYZ知ってる?」と僕に聞いてきたんです。

「そういやあったなそんなバンド」といった具合に彼らの存在を思い出した僕。

女の子に「ちょっと聴き直してみる」と伝え、家に帰ってまたしてもゲオへ。笑

 

「君と僕の第三次世界対戦的恋愛革命」「Door」をとりあえず借りてきて、聞いてみたんです。

 

びっっっっっくりしました。
ドスン!という音がするくらい僕の心に響きました。

中学生→高校生という年齢的な成長と、それとともに、恋愛をしてみたり、大人と話せるようになったり、少しずつ「生きるのに必死」という状態から余裕が生まれてきたところでした。

きっとそういう背景もあって銀杏BOYZの世界観が理解できたというか、心にフィットしたんですね。

 

やっぱり音楽って聴くタイミング、出会うタイミングがとても大切。

 

同じ「SKOOL KILL」という曲を聴いたときでも、中学生の僕は「ふーん」で終わってしまったのに、高校生の僕は3番の「CD万引きしたんだ」のところでもう涙が止まらなくなってました。

それと、その後JUDY AND MARYに出会ったこともあり、「駆け抜けて性春」は今でも好きな曲だったり。

 

 

 

それからというもの、しばらくは銀杏BOYZを聴き漁り、彼らのライブ映像を観漁り、銀杏BOYZ漬けの日々となりました。

 

そして大学1年生の頃、「エンジェルベイビー」「恋は永遠」「骨」とシングルがリリースされたのもよく覚えてます。

 

確かちょうど軽音楽部の合宿頃に「エンジェルベイビー」のMVが出て、合宿中に大学の数少ない友達とずっと聴いてましたね。

最終的にその友達と新入生勧誘のためのライブで銀杏BOYZのコピーやりました。笑

新入生入るわけねーだろって感じですが。

 

そんなわけで、本日はここまで。
また次回以降、バンドの歴史やオススメ曲についても書いていきたいと思います。

 

ではまた!

 

 

あなたの青春にも彩りを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA