昨日はオンライン飲み会をしてました。まあまあ楽しいね。

 

 

そんなわけで今日は歴史編。

 

THE STALIN:bird (hardcore punk japan.1980) - YouTube

  

結成は1980年。

遠藤ミチロウがもともとやっていた自閉体というバンドを母体として結成されました。

 

この年に「電動こけし/肉」をファーストシングルとしてリリース、その2年後にはあの有名な(?)「STOP JAP」を出してメジャーデビューします。

3枚のアルバムを出し1985年にバンドは解散。なんともあっけない。

 

と思わせておいて、「ビデオスターリン」や「スターリン」と名前を変えて復活し何度か活動しています。

この定冠詞の有無とかめんどくさいんですよね…。

 

  

 

ちなみにバンド名の由来はもちろんあのスターリンです。独裁者で有名な人ね。

遠藤ミチロウ曰く、「世界で一番の嫌われ者の名前だからすぐ覚えてもらえる」からつけたみたいです。

それに「スターリンとはバンド名ではなく俺の活動そのもの」とも言っています。

 

 

  

じゃあその「スターリン」という活動を見てみましょう。

 

彼らはじゃがたらINUなんかと同時期のバンドで、当時のいわゆるハードコアパンクムーブメントの中心にいました。

 

が、スターリンが他のバンドと違ったのはテレビや雑誌といったメディア露出を用いて活動していた点です。

この手のバンドでこうしたメディアを利用したり、積極的に露出するバンドはかなり珍しいです。

みんなだいたいそういうのを嫌がるんですが、彼らは違いました。

(それゆえに「パンクじゃない」と批判もあったみたいですが。)

 

NHKかなんかの番組に出て会場ドン引きさせている映像も残ってます。笑

 これ多分そう。

 

 

そりゃドン引きするでしょう。

彼らは普段のライブでは豚の頭やら鳥の内臓やら爆竹やらバカみたいに客席に投げてましたからね。

ミチロウは全裸になって捕まるし、とにかくスキャンダラス。

屋根裏も確か出禁になってたはずです。

 

 

 

スターリンにはこういうスキャンダラス性ゆえの伝説がたくさん残っています。

 

例えば、解散したのはどこでもライブをさせてもらえなかったから。ですしね。

神戸市では「スターリンには公共施設を貸さない」とい条例までできたらしいです。とんでもない。

これもあって全国各地で出禁を食らって活動できなくなって解散したみたいです。

あと、「STOP JAP」は12万枚も売り上げるヒットだったのにレコード会社では表彰されず、授賞式にも出席禁止だったみたいです。

 

こんなにも逸話の残っているバンドもそうそうないでしょう。

他にも爆裂都市のときのアナーキーとの喧嘩エピソードとか、夜のヒットスタジオに出させてもらえなかったとか。

 

一方で良い逸話も残っていて、Dead Kennedysはスターリンが好きで、それきっかけでアメリカで作られたパンクのオムニバスアルバムに、日本代表としてスターリンが参加してます。

あとはメイクのせいで清志郎に間違えられたとかそんな話もあります。

 

 

とにかく、数多くある日本のパンクバンドの中でもその危険性、スキャンダラス性、カリスマ性は随一で、今なお多くのアーティストに影響を与えています。

 

やはりパンクは太く短くとにかく派手にって感じます。

 

 

 

調べたらまだまだ逸話も出てくると思います。

ぜひご自身でも気になった方は見てみてください。 

 

 

てなわけで今日はここまで。

また次回。

 

 

 

 あなたの青春にも彩りを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA